退学の決断

結論からいうと娘は学校を退学しました。

『しばらくいかなくていい』

私と主人からそういって娘は、学校を休みはじめ、後日登校日数の件で担任から連絡がきた時に『退学する』という旨を伝えました。

主人が意外と冷静であまりものごとを深く考えていないようでした。

男親っていうのはのんきなもんだなと思いましたね。『まあ、どうにでもなるだろう~』っていう旦那の気楽さにイラつきもありましたが最後の方が気持ちが救われることがありました。むしろ旦那と話していると私が一人で勝手にいろんなことを心配しているだけに思えてくるぐらいです。

娘もずっと悩んで落ち込んでいましたが学校にいかなくていいってストレスからか家にいるときは笑っているときが増えて安心です。

学校って朝から夕方までいるところですし、いろんな生徒が学年で200人以上集まって生活していくところ。うまく楽しめたらいいけど、うまくいなかったらしんどいのだろうなと思います。そんなストレスから娘が解放されたなら本当によかったとおもえるようになりました。もちろん、正直に言えば学校を辞めてほしくはなかったですし、大学受験をしてもらいたかったですが…

私自身は、高校時代…今から20年以上も昔だけど…すごく!楽しかったのです。

友達もいて、好きな人もいたりして、もちろんめんどくさいこともたくさんあったけれど今思い出してもあのころは青春だったなって思える楽しい学生時代でしたね。

だから学校って楽しいところって思っていたけど、状況は本当ひとそれぞれなのだな…と改めて痛感。

そんなことはわかっていたつもりだけれど、いざ大切な娘がその立場になると改めて強く思うわけです。

不登校の子供の話なんて今は決してそんなに珍しいものではありませんが…

『うちは大丈夫』ってどこかで思っていてあくまでも他人事でした。

いざなると結構、思い悩み大変なもんですね…。子供だって初めてことで大変ですが親だって初めての体験なので日々日々悩みもがくのです。

日々日々勉強。

 

その点息子は中学生活を謳歌しています…。友達とはしゃいで遊んでさぞかし楽しそうです…。人それぞれですね。迷惑をかけない程度に楽しんでほしいもんですが、学校でもうるさいみたいで母はそれもそれで心配です…。